友達や職場の仲間と雑談でパソコンの話をする時はよくデスクトップパソコンがなくなったと言う話をします。 10年くらい前までは家電量販店でもノートパソコンとあまり変わらない比率で置かれていました。 今は殆どがノートパソコンでテレビショッピングでもデスクトップパソコンは取り上げられなくなったので一般的な人はなくなったと思っても仕方がないと思います。 私は今でもデスクトップパソコンをメインとして使っておりサブとしてノートパソコンを2台ある形態をとっています。 その理由はデスクトップパソコンは消費電力や置き場所の問題よりも、確実に安定した動作が保証されているから信頼して使うことができるからです。 ノートパソコンでもスペック的にはデスクトップパソコンと今では大差はありません。 しかし大きな処理をさせてしまうとどうしても発熱して高温になってしまうので放熱性の低いノートパソコンでは処理はできても故障してしまうリスクが高くなります。 放熱性が高く高い負荷でも安定して動作でき、拡張性も高いので複数の記憶媒体にデータを多重保存したりもできます。 今では影は薄くなりましたが、安定してパソコンを使いたい場合は今でもデスクトップパソコンは重要だと思います。